修復治療(補綴治療)とは

修復治療(補綴治療)とは聞きなれない言葉かもしれません。修復治療とは、むし歯を削った後に詰め物や被せ物をしたり、歯を失ってしまった場合に、入れ歯やブリッジ、インプラント治療を行うなど、歯を削った場合、歯を失った場合に、元々の歯の失った機能を出来る限り取り戻すための治療となります。

修復治療の種類

インレー(詰め物)

「インレー」とは、むし歯の削った部分にする、いわゆる「詰め物」のことです。

・保険適用のものには「銀歯」とよばれている金属合金のものや、プラスチック一種である白っぽい色の「レジン」などがあります。
・保険適用外のものには、「金(ゴールド)」や、自然な白さの「セラミック」などがあります。

クラウン(被せ物)

「クラウン」とは、むし歯の削った部分にする、いわゆる「被せ物」のことです。

・保険適用のものには「銀歯」とよばれている金属合金ものや、プラスチック一種である白っぽい色の「レジン」などがあります。
・保険適用外のものには、「金(ゴールド)」や、自然な白さの「セラミック」などがあります。

硬質レジン前装冠(前歯)

前歯の補綴で使用する、健康保険適用の硬質レジン前装冠。金属の裏打ちに、表はプラスチックの一種であるレジンが使用されています。

コア(差し歯・土台)

歯の神経を取った後にクラウン(被せ物)をするための「土台」のことです。コアには、金属のメタルコアと、金属ではないファイバーコアなどがあります。

ブリッジ

ブリッジは歯を失ってしまった場合の選択肢の一つです。失った歯の両隣りに歯がある場合に、支台歯としてその歯を利用し、橋を架けるように連なった被せ物をします。

・保険適用のものには「銀歯」とよばれている金属合金ものや、金属合金の裏打ちに表面はプラスチック一種である白っぽい色の「レジン」などがあります。
・保険適用外のものには、「金(ゴールド)」や、自然な白さの「セラミック」などがあります。

入れ歯

入れ歯には「部分入れ歯」や「総入れ歯」があります。入れ歯にも保険適用のものと、保険適用外の薄く食べ物の熱が伝わる「金属床入れ歯」や、金属のバネが無い「ノンクラスプデンチャー」などがあります。
それぞれにメリットやデメリットがありますので、ご相談ください。

・ノンクラスプデンチャー 10万円~
・金属床タイプ 15万円~

インプラント

インプラントは、あごの骨に直接チタン製の人工歯根を埋め込み、その上に人口の歯を装着し、歯を失った場合の欠損補綴では最も自然に噛むことが出来るようになる治療です。当然インプラントにも大きなメリットはありますが、保険適用外の全額自費治療となりますので、経済的な負担は相応に発生します。

自然な白い歯「セラミック」(メタルフリー治療)

最近では、金属アレルギーの不安のある方や、審美的により自然な仕上がりの白い歯にしたいというご要望、より質の高い歯科材料を使用したいといったご要望から、保険適用外のセラミックの詰め物や被せ物を選択される方も多くなってまいりました。
ご希望の方は別途ご相談ください。

・ジルコニア 5万円~
・セラミック 7万円~
・ポーセレン 7万円~